トップ > 活動報告
今年も凝りもせず乗鞍ヒルクライムレースに門奈氏、竹下氏、私(川上)とその奥さん(真理子さん)の4名で参加してきました。

●今回参加したメンバー。左から、門奈さん。竹ちゃん。川上(奥)さん。そして、レポーターの川上氏。
 今年は、私の仕事の都合で出発が遅くなり、受付は前日の終了ギリギリに滑り込みセーフでエントリーする事態となってしまい…暗雲立ち込め(ホントは当日快晴(^_^v)行き先不安なスタートとなりました。

●エントリーを済ませた川上(奥)さん。

●竹ちゃん。ちょっと眠そう・・・
 バタバタとエントリーを済ませ緊張の車検…一発合格(^^♪ 車検の人が私の車両を持ち上げ『軽いですね。』の一言…スンマセン機材だけ良くてエンジンは…(-_-;)
奥さん号も無事合格、竹下号は…『去年、車検引っかかったからなぁ〜』の私の心配をよそに合格(^_^)vよし!後はセンサーとゼッケンを付けて今日の準備は完了。と思ったら。ゼッケンの付け方が難しい!(去年は全員注意されて付け直しました。)お約束のセンサーごとスポークも結んでしまった!とやっぱりバタバタ。
ひと段落して高山の町まで皆で晩御飯を食べに、飛騨牛・ハンバーグ・謎な食べ物など…皆。満腹 大満足(^。^)

●高山の町でのヒトトキ。

●鉄板の上は、エライ事に・・・
●レースの模様・・・その1 ●レースの模様・・・その2
 翌朝レース当日、快晴、各自ウォームアップを済ませ、クラス順に緊張のスタート。今年は実業団が出走しているから人数が多い、ペースも速い、私(川上は)マイペースを自分に言い聞かせ、去年同様『酸素が薄い!』と走っていると何故か?ずっと絡んでくる人が…ゼッケンは同じクラス「負けるかー!」とは思っていなかったのに、結局最後まで絡み、ゴールスプリントまでして、終了!最後の最後までどちらが勝っているか?分からず写真判定?により、0.039秒差で勝っていました。しかし、ゴール後は、お互いとても気分良く、何度も握手して『ありがとう』と言い合っていました。
 その後、続々とUPメンバーがゴール!なんとウチの奥さん(真理子さん)も『ら・雷鳥を見た!』と喚きながらゴール!
※まさか!完走出来るとは…しかも幻の「雷鳥」を目撃したなんてWで信じられない!
UPメンバー全員は過酷なレースを完走し、喜び勇んで、またまた高山の町で高山ラーメン・飛騨牛にぎり・飛騨牛串焼き…食べまくったのでありました。
帰ったら、体重増になるというオチもつき…

竹下から一句。
『高山や ヒルクライムで 体重増(UP)』

●レポーター(川上氏)

●川上(奥)さん

●イェ〜イ!

●標高差ウン百mのヒルクライム。
川上さん
チーム1・2を争う強脚の持ち主。強脚のベースとなっているのは、日々の練習を怠らないからである。チームアップ!アップ!のイバン・バッソとは川上さんの事である。でもドーピングはしてません。
川上さんの毎回丁寧なレポートありがとうございます。
クラブ全体でのイベントが最近行われていない中(こちらの都合で申し訳ないですm(--)m)チーム員として積極的に各、イベントに参加いただき毎回自己ベストをも更新されてます。
しかし、漠然とイベントに参加しているのでは無く、週末には悪天候でも峠へと日々の練習を重ね鍛えているからこそ、タイムも伸びるのです。練習の帰りには必ずお店に寄って頂き色々とお話を聞かせてもらい情報もいただけます。
私も見習って次回はとは思うのですが・・・
他のメンバーの方々も頑張っている川上さんの勇姿を見て様々なイベントへの参加も増えてきました。皆がリーダーとなりクラブを盛り上げてくれているのです。私も・・・ではなく積極的に企画し、頑張って行こうと改めて思ってますので皆さんのご協力や、活動へのご参加も宜しくお願いします。


●レース終了後・・・再び高山にて

●うまかった。

●肉を食らう・・・by 竹ちゃん

●肉を食らう・・・by 川上氏